模型を持つ人

マンションの大規模修繕工事をする|業者探しのコツを解説

マンション修繕の流れ

年数が経過するとマンションは大規模修繕が必要になってきます。大規模修繕の勧め方はいくつかありますが、コンサルタントを使った方法が全体の費用を抑えることができ、住人で作る委員会は知識が不足し、時間も限定的にしか取ることができないのでお勧めです。

費用や内容を把握する

男の人

数社の見積もりを取る

マンションは10年に一回、大規模修繕を行うことが義務付けられています。建物の劣化や老朽化などを未然に防ぐ目的や、資産価値を下げない目的として行われます。マンションは10年程度経過すると、外壁などにクラックが生じる場合もあるため、建物強度の変化や見た目の問題も出てきます。また水漏れや塗装の剥がれなども見栄えを損なうばかりでなく、建物そのものの耐久性を弱めてしまうのです。こうした経年劣化の修繕などを中心に、建物全体をきれいにするのが大規模修繕なのです。マンションの大規模修繕を行う場合には、専門の業者の力を借りる必要があります。最初の段階としては建物診断を行ってくれる業者の選定になります。建物診断をしっかりと行うことで、今後の大規模修繕の指針になるのです。建物診断を行ってくれる業者も予め数社から見積もりを取っておくことによって、マンションの予算にあわせて利用できます。また、実際の大規模修繕はマンションの建設した会社に依頼する場合や管理会社が紹介する業者に依頼する方法とがあります。建設した会社の場合には、設計図などもすでに持っているため、きめ細やかな対応をしてくれます。建設した業者以外の業者を選択する場合には、技術力やサービスの高さなどを比較検討してみましょう。見積もりなどを利用して価格の比較も必要になります。現在の修繕積立で十分に賄える業者でないと各世帯の持ち出しが発生することもあり得るからです。

修繕費用の妥当性

マンションの大規模修繕を行うときの費用には定価がなく、マンションの規模や修繕内容によってマンション大規模修繕工事業者に支払う金額は大きな差となります。料金の多くの部分を占める屋根の防水工事が必要かどうかは専門家に診断してもらうと良いでしょう。

一斉メンテナンス

マンションの大規模修繕工事では外壁だけでなく、共用部分にかかるメンテナンスも行いますので、かなり工事範囲が広くなります。効率よく工事を行うためには、事前にマンションの状態をよく調査しておくことが必要です。