男性

マンションの大規模修繕工事をする|業者探しのコツを解説

マンション修繕の流れ

女性

コンサルタントに委託

新築時は美しかったマンションも経年劣化によって外観がくすみ、居住性も損なわれていきます。また、資産的価値も低下することから資産価値を維持するためにも大規模修繕は必要です。マンション購入時から修繕費として積み立てをしていることも多いですが、大規模修繕を実施することが決まったらマンションの自治会で修繕のための委員会を設立して、勧め方を決めていきます。大規模修繕の仕方は大きく3つに分かれます。設計事務所などのコンサルタントに依頼する方法とマンションの管理会社に依頼する方法、そして委員会が自ら行う方法です。それぞれにメリットとデメリットが多いですが、委員会はマンションや修繕に関する知識は素人レベルで多忙なことも多く、大規模修繕に関わる全体の予算を控えることからコンサルタントを使った大規模修繕をお勧めします。コンサルタントによってマンションの調査を行い、必要な修繕計画を策定して、委員会に提示します。委員会での承認が受けられたら、コンサルタントは施工会社を募り、工事の見積もりを取ります。委員会では見積もり内容を承認して資金計画も確認できたら、施工会社が選定し、工事に取り掛かります。工事が終了したら、コンサルタント会社から報告を受け、工事完了引き渡し書を受け取ります。その再、アフターフォローについても確認をするべきで、工事終了後も定期的な点検やメンテナンスが受けられることを確認しておくようにしてください。